face book twitter
close
open

OK! J LIMITED
OK! J LIMITED

前の記事
次の記事

OK! INTERVIEW☆TAMER HASSAN (前編)
全てを失った後に再びトップスターの座へと返り咲いた、イギリス人俳優テイマー・ハッサン

  2017.05.25
OKJ-TAMER HASSAN 1

写真左から:19歳の娘ベリーズ、『ゲーム・オブ・スローンズ』のスターのテイマー・ハッサン、奥様のカレン、25歳の息子テーザー。

全てを失った後に再びトップスターの座へと返り咲いたテイマー
“今なら彼らが欲しがるものを全て与えられるんだ”

アメリカのTVドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』(原題:Game of Thrones)のスター、テイマー・ハッサン(Tamer Hassan)がトップスター達との交流や 英国のTVドラマ『イーストエンダーズ』(原題:EastEnders)への出演について、そして奥様であるカレン(Karen)との結婚の誓いの更新を巡るストーリーについてOK! に語ります!

ロンドンにある自宅のゲートに到着したOK! を、ウズウズした様子で迎えてくれたのは、ハリウッド俳優のテイマー。

ゲートが開くと、白のローブ姿で2匹のポメチワ(ポメラニアンとチワワのミックス犬)のモチエ(Mochie)とレイシー(Lacey)と共に現れた現在49歳のテイラー。キッチンで取材に 向けてメイクの準備中だった48歳のゴージャスな奥様、カレンを紹介しながら「まるで“カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(アメリカのリアリティTV番組 (原題:Keeping Up With The Kardashians ))”みたいだな!」と笑います。

そして女優志望の19歳の娘ベリーズ(Belize)と、ハダースフィールド・タウンFC (Huddersfield Town Football Club)やポーツマス・フットボール・クラブ (Portsmouth Football Club)など のクラブでプレーをしていた元サッカー選手から俳優へと転身し、サイコスリラーシリーズ『ラスト・ワールド』(原題:After the Dark)では、映画ハリー・ ポッター(Harry Potter)シリーズに出演するボニー・ライト(Bonnie Wright)と共演したり、アメリカのTVドラマ『タイラント』(原題:Tyrant)シリーズにも出演した25歳の息子、 テーザー(Taser)が取材陣に合流してくれました。

2004年、ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)やトム・ハーディー(Tom Hardy)、サー・マイケル・ガンボン(Sir Michael Gambom)達と一緒に撮影を行ったクライムスリラー映画 『レイヤー・ケーキ』(原題:Layer cake)での思い出をすぐに語り出すテイマー。「マイケル・ガンボンは素晴らしかった。パパラッチに対して“ただ嘘をついていれば、 彼らはその内に君を放っておくようになるよ!”って言われたのさ。」と笑いながら振り返ります。

OKJ-TAMER HASSAN 2

テイマーは、『レイヤー・ケーキ』の他にも、映画『フットボール・ファクトリー』(原題:The Football Factory)や映画『ザ・ビジネス』(原題:The Business)への出演、 そして『ゲーム・オブ・スローンズ』の第6シリーズのドスラキ族の戦士カール・フォルソ(Khal Forzho)役などで知られています。また彼はボブ・ホスキンス(Bob Hoskins)や モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)、オーランド・ブルーム(Orland Bloom)、そしてリチャード・ギア(Richard Gere)達と共演経験があり、これまでに50作品以上に出演しています。

『フットボール・ファクトリー』や『ザ・ビジネス』を含む6作品は、彼の盟友であり、最近『イーストエンダーズ』への出演を休止しているダニー・ダイア(Danny Dyer)と共演。 ダニーについて「彼が大好きだよ。彼は僕の同士だし彼の為に側にいてやるのさ。」とテイマーが話すほど仲の良い2人です。

テイマーの最新作は、1930年代を舞台にした映画『原題:ビター・ハーヴェスト』(Bitter Harvest)の他、ルパート・グリント(Rupert Grint)やルーク・パスカリーノ (Luke Pasqualino)と共演した2000年公開の映画「スナッチ」(原題:Snatchの)リメイク作品、そしてクリスチャン・ベール(Christian Bale)との映画『原題:ザ・プロミス』 (The Promise)など。また、俳優としての活動の他にも、不動産開発業者も手掛けているテイマー。自宅の素晴らしさにも納得です。

(スターの豪邸を紹介するMTVのドラマ)『クリブス』(原題:Cribs) のエピソードにもあるように、自宅には6つのベッドルームとバスルーム、屋内スイミングプール、 映画館、ウォークインクローゼットに、アーケードゲームやフットボールシャツ、バー、ブラックジャックやルーレットテーブルが完備されたゲームルームがあり、 彼の名前を最も知らしめた映画のポスターなどが飾られています。

しかし、ハッサン一家は今まで順風満帆だったというわけではありませんでした。今から5年前、何もかもを失ったと話すテイマー。1996年に結婚をし、彼の側でずっと支えて くれたのは奥様のカレンだと言います。そしてこれまで以上に絆を深めた2人は、出会いから約30年が経つにも関わらず、まるでティーンエイジャーのよう。そんな2人が家族との 生活について、またショービズ界で最も有名な人物達との出会いや、どのようにして瀬戸際からカムバックを果たしたのかを語ります・・・。

OKJ-TAMER HASSAN 3

---テイマー、『ゲーム・オブ・スローンズ』への出演はいかがでしたか?
テイマー:ずっと出演したかったんだ。元々はカール・ドロゴ(Khal Drogo)役のために最初の3シーズンを本で読んだんだけれど、それは上手くいかなかった。 だから僕が“タダで出演するって伝えて! ”と言ったのが始まりだったんだ。最終的に僕がイビザ島(Ibiza)に向かう時に空港に行く途中でエージェンシーが キャスティング・ディレクターの家に連れて行ってくれたのさ。そこでドスラキ族のセリフを少し読んで、突然仕事をもらったんだよ。

---番組に参加していかがでしたか?
テイマー:タフな仕事だったよ。ドスラキ族の言葉を習得するのは、ほぼ不可能だったしね。エミリア(クラーク)(Emilia Clarke)は素晴らしかった。 彼女に“どうやってやったの?”って聞いたら“ベイビー、私は6年も出演しているのよ。簡単に出来るようになるわ! ”って言っていたよ。

---エミリアはどんな人ですか?
テイマー:彼女は美しくて、とても楽しい人だよ。セットでも皆を盛り上げてくれるんだ。彼女の周りには10人ぐらい男性がいたけれど、彼女はそこを 仕切って一言一言で盛り上げてくれるんだ。

OKJ-TAMER HASSAN 4

---あなたが演じたカール・フォルソは炎に包まれましたが、誰も彼が死んだシーンを見ていません。復帰することもあり得るのでしょうか?
テイマー:分からないな。でも一つ返事で復帰するよ。

---『ビター・ハーヴェスト』について少しお話し頂けますか?
テイマー:歴史的悲劇の中でのラブストーリーだよ。ウクライナや大量虐殺、人工飢餓を描いているんだ。僕が演じるセルゲイ(Sergei)は実在した人物で、 (ヨシフ)スターリン(Joseph Stalin)の執行者だった人。彼は確かに殺人者だが、僕は彼には脆弱であって欲しかったんだ。泣き崩れるシーンがあって、 その後45分間は泣き止む事が出来なかった。ロケ地には3ヶ月いて、役を抜くために髪を剃ったんだよ。

---遠方で撮影をしている時は、家族が恋しくなりますか?
テイマー:2日離れただけで寂しいよ! ドアを出て行くのが待ちきれないんだけれど、その1分後には恋に夢中なティーンエイジャーみたいに電話をかけているんだ。 俳優は孤独な仕事だよ。それに僕は自分の部屋にこもる事で知られていて、熊って呼ばれているよ。映画『ファインディング・ニモ』(原題:Finding Nemo)を見る のが大好きなのさ。もしも誰かがノックしてきたら「今ニモ見てるところなんだ!」って答えるよ。水中の感じがリラックス出来るんだ。多分それは僕が魚座だからだと思うけど。

---一緒に仕事をしている人達とは出かけないのですか?
テイマー:そうだね。『スナッチ』で共演しているルカ(ルーク・パスカリーノ:Luke Pasqualino)とか、ルシアン(ラヴィスカウント)(Lucien Laviscount)みたいに 良い男のクルーたちがいる時だけかな。2人は僕を“アンクス“(おじさん)って呼ぶんだ。僕は自分の事を大きい子供だと思っているから、若い俳優とつるむのはとても 楽しいし、彼らをコンサートとかサッカーの試合とかボクシングに連れて行くのさ。

OKJ-TAMER HASSAN 5

---『スナッチ』についても聞かせて頂けますか?
テイマー:アメリカでは大人気でイギリスでも間もなく公開だよ。アレックス・デ・ラコフ(Alex De Rakoff)が製作総指揮とエグゼクティブ・プロデューサーを 務めているんだけれど、僕は彼と初出演作の『チャンピオン 明日へのタイトルマッチ』(原題:The Calcium Kid)で一緒だったんだ。オーランド・ブルームが主演した作品だよ。

---ルパート・グリントとはどういった人ですか?
テイマー:彼は僕が一緒に仕事をした中でも最も才能のある若手の1人だね。地球上で最も有名な人物の1人なのにとても優しくて、面白くて、地に足が着いている。 とても静かで自分自身であることを忘れないけれど、暫くしたら良い友達になったよ。

---ルーク(ルーク・パスカリーノ)とも親しそうですね・・・
テイマー:彼の事が大好きなんだ。彼は僕の息子みたいなものさ。いつだって電話で“アンクス、どこにいるの?”って言ってくるのさ。

---『ザ・プロミス』ではクリスチャン・ベールと再共演していますね・・・
テイマー:僕が彼の1番のファンだね。12年前に2人で映画『バットマン・ビギンズ』(原題:Batman Begins)を撮影していた時に、彼とディレクターの クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)とエレベーターに乗ったんだ。その時僕は2人と面識がなかったし映画も見てなかったんだけれど、エレベーターが重すぎたから “よし、この中で一番のデブは誰だ? 君たち2人の内のどっちかだ!”って言ったら結局エレベーターから降ろされたんだ。それから初めてセットに入った時、 誰かに“ノーランさんとベールさんのところへお連れします。”って言われて、その時に初めて僕がデブと呼んだ2人が実は彼らだったと分かったのさ。 『ザ・プロミス』の撮影中にクリスチャンがその話を持ち出してきたんだけれど、彼が覚えているなんで信じられなかったね!


Interview by カースティ・ハッチャー (Kirsty Hatcher)
Photographs by ローナ・ローチ (lorna roach)

後編へ続く・・・

CATEGORYから記事を読む