@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
レーサー鹿島 Blog

前の記事
次の記事

佐藤琢磨の“グリコポーズ”が道頓堀に!

[2020.09.04]

_4CJ6524A_0.jpg


「インディ500」2回目の優勝を飾った佐藤琢磨選手を、東日本大震災の復興応援プロジェクト「With you Japan」のカートイベント「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」への協力などで10年にわたってサポートし続けてきた江崎グリコが、この偉大なる快挙を記念し、今日(9月4日)から17日まで、大阪道頓堀グリコサインにて祝福メッセージを放映すると発表しました!

☆佐藤選手のゴールインマーク☆
↓ プレスリリースより

当社は 2017 年の佐藤選手の初優勝時も道頓堀グリコサインに祝福メッセージを放映しました。その際、映し出された佐藤選手の両手を挙げたポーズに対する SNS 上の「足を上げれば完璧」という指摘に「今度やってみる」と答えた佐藤選手。すると今回の優勝後には本当にゴールインマーク(※)ポーズを披露し大きな話題を呼びました。今回流れる映像ではそのポーズも使用。まさに「完璧」な佐藤選手のゴールインマークが見ることができます。

※ゴールインマークとは:当社創業者・江崎利一は栄養菓子「グリコ」を開発中、その特長をあらわすマークについて考えていました。その際、神社でかけっこをしていた子どもが両手を大きく上げてゴールインする姿を見て「スポーツこそ健康への近道、子どもの遊びの本能もスポーツに繋がっている。それらの象徴がゴールインの姿だ」とひらめき、生まれたものがゴールインマークです。

「インディ500」の翌週のレースでは、米国NBCの中継放送内でも“グリコポージング”のエピソードが紹介されていました!琢磨選手もグリコさんも素敵です。久しぶりにグリコを買いに行きます!

Photo:2020 INDYCAR Ⓡ

レーサー鹿島 BLOGGER PROFILE

  • レーサー鹿島
  • FMキーステーション他の局アナやプロデューサーを経て、ジャンルを超えたマルチプロデューサーとして活動し国内外を飛び回る。
    “誰もが知っている”有名企業やブランドの“表に出ない”プロデューサーとしては主に新規プロジェクト(new business development)を担当。
    幼少のころからクルマやレースに親しみ、大学在学中にレースデビュー。
    フォーミュラトヨタ、F3を経て、2001年からはロサンゼルスを拠点にINDYライツなどに参戦。
    タイトルのDOUBLE TIMERは、日本と世界、オンとオフ、右脳と左脳・・・ふたつのタイマーを有効的に使い分け人生を謳歌しよう!という 自身のライフスタイルのテーマから。
    ◆FMラジオ「Driver’s Meeting」(K-MIX&RADIKO:金曜日/FM山口:日曜日18:00~) ~1999年にスタート、各界の有名人やセレブをゲストにカーライフをトーク~
    ◆好きなセレブ:ダニエル・クレイグ、ブラッドリー・クーパー、ライアン・ゴズリング
    ◆愛車:FERRARI F355,LEXUS SC430,SUZUKI GSX1000S KATANA,YAMAHA YZF R6,HARLEY DAVIDSON 883R and more…
    ◆1968年12月16日生/RH+A/176cm