@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
レーサー鹿島 Blog

前の記事
次の記事

アレックス・パロウ、レース1は15位!

[2020.08.30]
「インディ500」の感動も冷めやらない中、今週末はイリノイ州ミズーリのワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイで第8戦、第9戦が行われています。

パロウ_gateway_20200830.jpg


デイル・コイン・レーシング with チームゴウのアレックス・パロウ選手は、第1レースのスタート時、グリーンフラッグが振られる前に発生した多重クラッシュに関連して科された遺憾と言わざるを得ないペナルティで最後尾からのスタートに。結果、15 位でチェッカーを受けました。

スタートのフォーメーションラップからペースカーが退き、フロントストレッチでいよいよグリーンフラッグへという時に前車が減速。11番手からスタートのパロウも前車に合わせて減速、接触を避ける為にラインを飛び出し、かろうじて走り抜けることに。パロウは無傷だったものの、後続車がスピンしてしまい、その結果、接触を避ける為とはいえグリーン前に隊列から外れてしまったことで、ペナルティを科されてしまいました。

このペナルティにより18番手からリスタートとなったパロウは、63周目の最初のピットストップまでに11番手までポジションを上げましたが、その後は15番手で周回を重ねていきました。102周目の小雨によるコーションの数周回前にトップ10 に浮上してきていたパロウは、しかしながら、122周目のリスタートでは13 番手に後退、15 位でチェッカーを受けました。

アレックス・パロウ選手のコメント
 ↓
「スタートが普通ではありませんでした。グリーンフラッグが振られる直前のタイミングで、前車との接触を避けるためにラインから外れたのですが、グリーン前だったということで、それがペナルティとなってしまい、最後尾からのスタートになってしまいました。そこからは自分たちのペースを上げる努力をするだけのレースでした。イエローが出た時は多少ラッキーでトップ10 に入ることができましたが、リスタートでいくつかポジションを落としてしまいました。再度コーションが出ることを期待して、最後のピットストップまで可能な限り長く走り続ける作戦でしたが、僕らの期待どおりには運びませんでした。明日もレースがありますし、55 号車の仕上がりは良いので頑張ります。」

第2 レース、アレックス・パロウ選手は14番グリッドからスタートします。日本では、31 日(月)午前4 時からGAORA SPORTS で生中継されます!

チームリリースより

レーサー鹿島 BLOGGER PROFILE

  • レーサー鹿島
  • FMキーステーション他の局アナやプロデューサーを経て、ジャンルを超えたマルチプロデューサーとして活動し国内外を飛び回る。
    “誰もが知っている”有名企業やブランドの“表に出ない”プロデューサーとしては主に新規プロジェクト(new business development)を担当。
    幼少のころからクルマやレースに親しみ、大学在学中にレースデビュー。
    フォーミュラトヨタ、F3を経て、2001年からはロサンゼルスを拠点にINDYライツなどに参戦。
    タイトルのDOUBLE TIMERは、日本と世界、オンとオフ、右脳と左脳・・・ふたつのタイマーを有効的に使い分け人生を謳歌しよう!という 自身のライフスタイルのテーマから。
    ◆FMラジオ「Driver’s Meeting」(K-MIX&RADIKO:金曜日/FM山口:日曜日18:00~) ~1999年にスタート、各界の有名人やセレブをゲストにカーライフをトーク~
    ◆好きなセレブ:ダニエル・クレイグ、ブラッドリー・クーパー、ライアン・ゴズリング
    ◆愛車:FERRARI F355,LEXUS SC430,SUZUKI GSX1000S KATANA,YAMAHA YZF R6,HARLEY DAVIDSON 883R and more…
    ◆1968年12月16日生/RH+A/176cm