@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2020年9月18日- TTPM Holiday Showcase Event 2020 -ウェビナー

[2020.09.22]
NY時間の本日、9月21日の最低気温は9度と急に寒さを感じる1日でした。
先週から娘のkindergarten(キンダーガーデン)のオンライン授業が始まり、さらにバタバタしています・・・。

気が付けば10月も目前。ホリデーシーズン商戦も目前。
この時期開催される、私も大好きなメディア向けのTOYイベント、TTPM(Toys, Tots, Pets, & more)Holiday Showcase。
TTPMは、玩具、犬、ペットなどの主要な製品レビューサイトで、毎月1000万を超える総合的なビデオレビューを提供しており、最高のおもちゃ、ベビー用品、ペット用玩具、子供用電子機器、スポーツ用品を家族で探して簡単に購入したいと考える消費者にとって便利なリソースとなっています。そして、メディア関係者を中心に最新の玩具や子供用電子機器を紹介し、新しい企業や製品との出会いを提供する場です。(過去の観点ブログ記事はこちら)

今年のTTPM Holiday Showcaseは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策をしたリアルイベントとウェビナー(Webinar)の2種類に分けて開催されました。

今回も子供と一緒に参加することができるメディアイベントのTTPMということで、毎回子供を連れて参加していたのですが・・・リアルイベントも気になりましたが、今回は子供と一緒にウェビナーに参加しました。

Kana2020.9.18.1.jpg

私以外にも多くのプレスの方が子供たちと一緒に参加しています。

約1時間、TTPMのホストの方のご自宅からの今年オススメするTOYをご紹介。お部屋には所狭しとTOYが並んでいます。今年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で家にいる時間が多くなり、これまでとは異なるライフスタイルへのアプローチを意識したTOYばかりです。

その中で私が個人的に気になったアイテムをご紹介したいと思います。ご参考までに・・・。

Kana2020.9.18.2.jpg

作るのも楽しそうだし、出来上がりも可愛い・・・約3分でジェルで出来たオリジナルのスパークリングジュエリーが作れるキットShimmer 'n Sparkle Gemex Gel Creations Studio。 対象年齢8歳以上ですがユニコーンのキーホルダーが作れたりと、私も作ってみたいと思いました。アメリカ国内での販売価格$29.97(税別・送料別)。


Kana2020.9.18.3.jpg

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で家にいる時間が多くなり、パズルやLEGOの売り上げが伸びているとのことです。ホームギャラリーとしても楽しめるLEGO Art The Beatles
細かいピースを並べ、制作に約3時間かかるとのことで、対象年齢18歳以上。大人も十分に楽しめます。アメリカ国内での販売価格$119.95(税別・送料別)。


Kana2020.9.18.4.jpg

ベッドやクローゼットなどのお人形のプレイセット全体が可愛いバックパックとして持ち運べる、Na! Na! Na! Surprise 3-in-1 Backpack Bedroom
黒猫ちゃんとピンクのウサギちゃんバージョンの2種類があります。バックパックから出し入れするのも楽しい、背負って外出先ですぐに遊べます。対象年齢5歳以上。アメリカ国内での販売価格$39.88(税別・送料別)。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で家にいる時間が多いため、TOYの売り上げは全体的に良いとのことで、子供だけでなく、大人も十分に楽しめるTOYも多くありました。

私も娘と一緒に可愛い物を作れるTOYキットが好きです。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もありますが、その影響を考えた上で作られた新商品が目立ちます。今年のいつもとは違うホリデーシーズン。消費動向も気になります。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。