@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2020年8月21日-Jones Beach

[2020.08.26]
また急に30度を超える日差しが強く暑い日が続いているNYです。

kana2020.8.21.1.jpg

NY時間の8月21日。Bayside(ベイサイド)から車で約40分の所にあります、Jones Beach(ジョーンズ・ビーチ)に家族で行ってまいりました。
Jones Beachは、ニューヨーク州南東部に位置し、大西洋に浮かぶLong Island(ロングアイランド)の南岸にある東西に長い出島で州立公園に指定されています。今回初めて訪れました、Jones Beach。白い砂の海水浴場で広く開放感たっぷりのビーチです。

kana2020.8.21.2.jpg

夏には多くのコンサートも開催され多くの人で賑わうJones Beachですが、今年はソーシャルディスタンスを保つように駐車を通常時の50%削減し入場制限を設ける他、ハンバーガーやホットドッグなどの軽食をオーダー出来るエリアの限定、子供エリアのビーチでの遊泳禁止など新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防策を講じながらの営業となっております。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は受けたとしても週末はある程度混雑するのかな、と思い金曜日に訪れました。それでも人気のJones Beach、ある程度の人が集まっています。

kana2020.8.21.3.jpg

今年は遊泳禁止となっている子供のエリアでは波は少ないとのことですが、遊泳が許可されている場所では泳ぐのが難しいくらいのビッグウエーブ。
子供たちもキャーと喜びながら波打ち際で遊んでいます。もちろん娘も!

ビーチに来るときはいつも、パラソル、椅子、レジャーマット、クーラーボックスと大荷物なのですが、毎回必要となっているので役に立っています。日差しが強いのでパラソルの中で水着に着替えた息子と一緒に砂遊びをしたり、娘と一緒に波打ち際で遊んだりと主人と交代しながら遊びます。
ランチはハンバーガーにフレンチフライトと定番のメニューを美味しくいただきました。

kana2020.8.21.4.jpg

ビーチの至る所でサニタイザーを用意しています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でいつもと違う夏ですが、それでも多くの人の協力と工夫のおかげで、こうやって海水浴が出来たのでありがたく思います。娘も息子もビーチで生き生きと遊んでいます。主人も私もその姿を見るだけで和みます。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。