@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2020年8月11日-Flushing

[2020.08.12]
8月に入り、7月下旬に続いてNYは毎日気温が30度くらいと日差しが強く暑い日が続いています。マスクを付けての外出なのでさらに暑さを感じます。

NY時間の昨日、8月10日にNY州クオモ知事は、「NY時間9日のNY州の入院患者数は535名、ICU患者は127名と再び最も低い水準となった。54,002人の検査数のうち476人が陽性者(陽性率0.88%)、死亡者は2名であった。米国内の感染拡大とNY州内の意識の欠如の2つの局面で対応している。感染防止策を着実に実行してほしい。」とメッセージを発しています。

現在NYCでは、レストランでオーダーした場合、テイクアウトか店外に設置されたテーブルで食事することは出来ますがレストランの店内で食事することはまだ許可されていません。公立図書館もまだクローズのままです。

2020.8.11.1.jpg

NY時間の本日、8月11日。所用で娘と息子を連れてFlushing(フラッシング)に行ってまいりました。(過去の関連ブログ記事はこちら)

公共のMTAバスに揺られてBayside(ベイサイド)から約30分、Flushingに到着。久しぶりのMTAバスでの移動です。バスに乗車する為、今回息子は普段使用しているストローラーではなくスリングで一緒に移動しています。
現在、MTAのバスはドライバーの方の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防策として、乗車には必ずマスク着用を義務付け、ドライバーの席近くまでの椅子の使用を禁止する為に透明ビニールカーテンで仕切られています。
ドライバー席の近くに設置されている運賃箱も立ち入り出来ないカーテン内の為、運賃を支払わずに乗車できるようになっています。高齢の方、妊婦の方、体の不自由な方はカーテン内の椅子に座ることが出来ます。

Flushingに到着した後、スリングで息子、娘の手を引いて、重い荷物を持っての移動・・・なかなか大変です。

2020.8.11.2.jpg

娘と息子と一緒に出掛ける際は、目的地の近くにプレイグランドや公園がないか、調べていき、混雑していないようならそこで遊ばせています。今回も事前に調べたプレイグランドで少しの時間過ごしました。
プレイグランドの多くはこの時期、水遊びが出来ます。娘も息子も少し水遊びが出来てリフレッシュでき、またバスに揺られて戻りました。

9月から始まる娘のKindergarten(幼稚園)・・・。3月下旬以降から夏休みに入るまでの期間ずっと新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でオンラインクラスでしたが9月以降はどうなるのかと・・・考えています。

NY時間の昨日、8月10日。NYCのデブラシオ市長は「数週間前に保護者を対象に学校再開について調査を行ったところ、70万人以上(全体の74%)の保護者が対面授業を含む学校再開を望んでいることが判明した。約6万6千人(全体の85%)の教員が対面授業と遠隔授業を合わせた学校再開を計画しており、15%の教員は遠隔授業のみを計画している。これを受け、74%の生徒は来月から対面授業と遠隔授業を組み合わせた(blended)形で学校に通うこととなる。全面的な遠隔授業を望む26%の生徒は、完全な遠隔授業を受ける。生徒たちはどのような形であれ、安全に週5日教育を受けることになる。」とメッセージを残しています。

この先、第二波が来るかもしれず先行き不安な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。一緒に暮らすご家族のことを考えて遠隔授業のみを希望される方も気持ちもよく分かります。子供たちをはじめ、関係者の安全が確保された上で少しの時間でも対面授業が開始されれば、娘もお友達や先生と会えず寂しい思いをしているので嬉しく思います。実現するには、徹底した消毒などハードルが高いと思いますが、一緒に時間を過ごすみんなと一緒に協力して進めていければと思います。

日本も梅雨が明け、暑い日が続いています。そして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)・・・。熱中症対策、コロナ対策・・・。気を配ることばかりですが、みなさまが安全で快適な暮らしが出来ますように。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。