@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2020年5月25日-Memorial Day

[2020.05.26]
NY時間の昨日、5月25日はMemorial Day(メモリアルデー:戦没将兵追悼記念日)でした。

Kana2020.5.26.1.jpg

Memorial Dayは、5月の最終月曜日で祝日となり、土日月と3連休。
南北戦争をはじめ、第一次世界大戦、第二次世界大戦・・・、戦争で亡くなったアメリカ軍の兵士、全ての戦没者を悼み、戦没者のお墓や記念碑が星条旗やお花などで飾り付けられます。
娘も学校でMemorial Dayについて学び、家の窓に星条旗を掲げました。

Kana2020.5.26.2.jpg

家から歩いて20分のところにあります、小さな記念碑にも星条旗やお花、そしてヴィンテージアーミーカーが飾られていました。

多くのアメリカ人はMemorial Dayに墓地や記念碑を訪れます。
そして、Memorial Dayは夏の季節の始まりでもあります。ニューヨーカにとっても例年、ピクニックやBBQ、海開きが行われることもありビーチと思いっきりレジャーを楽しんだり、追悼式やパレードの開催と人々にとって大切な祝日でもありますが、今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で自宅待機令(Stay at Home Order)が有効中、いつもとは違ったMemorial Dayです。

ニューヨーク州ではビーチへの入場者数を50%に制限し、6フィート(約1.8メートル)以上の距離をあけるソーシャル・ディスタンス、マスクの着用を求めつつも、メモリアルデーのビーチ開きが行われました。そのためビーチに行った人たちも多くいるようですが、第2波のリスクを懸念して自宅の敷地内で家族だけでBBQをしている人も多い印象です。私たちも家のバックヤードでBBQをしました。

Kana2020.5.26.3.jpg

NY時間の5月25日、NY州クオモ知事は、「本日はMemorial Dayである。コロナウイルスで亡くなった退役軍人を追悼するするとともに,アメリカの価値と原則を実践し,成長させ,前進させることにより全ての戦没者を追悼したい。」とメッセージを発しています。

今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で追悼式やイベントの中止、一部では規模を縮小した式典がインターネット配信と様子が異なるMemorial Dayとなりましたが、家に掲げられた星条旗を見るとみんなの思いは一緒なんだな、と感じます。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。