@okj_webmagazine face book twitter
close
open

BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

グリーティングカードでお馴染みのPapyrus・・・全店閉鎖・・・寂しい!

[2020.03.10]
今日のNYの最高気温は20度と暖かい1日となりました。
NYも新型コロナウイルス感染症の話題でもちきりで、マスクはこちらも品切れ状態です。
クオモ(Cuomo )ニューヨーク州知事は、NY時間の本日、9日にNYで行われた新型コロナウイルスに関するブリーフィングにおいて、毎週最大100,000ガロンの手指消毒剤を感染リスクの高い地域やMTA(NYCを中心とする鉄道やバス)を含む州機関に配布すると述べました。学校においては、新型コロナウイルスの感染者が確認された場合は、確認後、24時間については消毒のため学校を閉鎖すると述べています。
早く終息してほしい・・・切に願うばかりです。

Kana2020.3.9.1.jpg

NYで暮らす中、ストアで素敵なグリーティングカードが陳列されていることが多いので、‟これ可愛い!"、‟これよく出来ている”なんて思いながら買っていたら・・・結構な数が集まっていました。
メールで済ませてしまうことも多くありますが、お誕生日やクリスマスなどやっぱり素敵なカードを贈られると嬉しいですよね。開くと飛び出す‟ポップアップカード”はもちろん、ウィットに富んだ言葉が書いてあったり、デザインが素敵だったりと夢があっていいな・・・と集めたカードを見て思います。

Kana2020.3.9.2.jpg

その中でも、女性のイラストレーターとコラボレーションしたシリーズなどを販売していたPapyrus(パピルス)のグリーティングカードは本当に可愛くて街でストアを見かけては立ち寄って、購入していました。
残念なことに私が産休中の1月23日、親会社のSchurman Fine Papers(シャーマン・ファイン・ペーパーズ)が破産法第11条の適用を申請しパピルス全店舗が閉鎖となりました。破産法第11条の適用を申請し閉鎖までの期間、全商品セールを開催していたとのことですが、もう街であのPapyrusの看板が見れなくなってしまったなんて・・・本当に寂しいです。

昨年の1月にはHenri Bendel(ヘンリ・ベンデル)の全店舗閉鎖・・・(関連ブログ記事はこちら)。
今年の2月には、1923年創業の老舗百貨店、Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)のマンハッタンのフラッグシップ店が22日閉店と、夢溢れるストアの閉店のニュースばかり・・・。
本当に寂しいです。ストアを訪れて素敵な商品を見つけた時のワクワク感・・・可愛いカードが届いて開けた時のワクワク感・・・時代の流れと共に少なくなってしまうのかな・・・。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。