@okj_webmagazine face book twitter
close
open








BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2019年5月5日-The Makeup Show NYC(後編)

[2019.05.07]
2019年5月5日-The Makeup Show NYC(前編)についてはこちら

Kana2019.5.5.2.7.jpg


Kana2019.5.5.2.8.jpg

映画業界やファッション業界で活躍するメイクアップアーティストらが、アイデアを集結しインパクトのある作品を作成し技を競います。
メイクアップアーティストとは何か、再確認しつつ、アイデアを高めることの重要性を再認識します。

ここ最近、美容イベントを取材する機会が多かったこともあり、私もメイクや美容に関して改めて関心を寄せています。
スキンケアやメイクなど普段は時間に追われて簡単に済ましてしまうことも多々ありますが、こうやってプロの方をはじめ、業界の方とお話しするとその方たちの情熱に、あ~・・・もっとちゃんとしなくては、との思いもしばしばです。

今回、The Makeup Show NYCで見つけた、私が個人的に気になったアイテムをご紹介します。日本ではまだ未発売のアイテムです。

Kana2019.5.5.2.9.jpg

ブースを見て回り、日本でのお馴染みのパウダータイプのファンデーションよりもリキッドタイプのファンデーションを好んでみなさん使用している印象です。中にはカバー力はあるのですがかなりこってりしたものもあったりします。私は個人的にいかにもファンデーションを塗っています・・・という印象よりもナチュラルなメイクの方が好きなのですが・・・。そんな思いでブースを回っていると発見!
パラベンフリー、オイルフリー、低刺激性でウォーターベースのセラムやファンデーションを販売している、Veil Cosmetics
さらっとした使い心地ですが、保湿力がありアンチエイジング効果も期待できます。全てのラインを試させていただきましたが軽い付け心地です。日没(Sunset)の光の当たり方が一番人を美しく見せる・・・とのことで名付けられたSUNSETシリーズ。プライマー、セラム、ミキシングベースとしても使える便利なSUNSET LIGHT PRIMER, SERUM & MIXING BASEのアメリカ国内での販売価格$45.00 (送料・税抜き)。

Kana2019.5.5.2.10.jpg

親日家でもあるVeil CosmeticsのCo-founder/CEOの方から詳しくお話をお伺いしました。日本のコスメからも大きな影響を受けたとのことで、成分や質感に拘って作られたコスメブランドです。
私のお肌の色味に合ったファンデーションからハイライト、コンシーラーを教えていただきました。これはありがたい。自分にあったファンデーションの色を探すのって結構難しいですよね。
私もメイクが大好きなので、詳しく使い方や成分などを教えていただき話が弾みました。

Kana2019.5.5.2.11.jpg

ヴィヴィッドなカラーに思わず立ち止まりました。SUVA Beautyの新製品、UVブラックライトの下で光るHydra Liners シリーズ、水活性化ケーキライナー!
フェースアートやボディアートはもちろん、パーティーやイベントでも注目を浴びそうです。Hydra Linersの1色のアメリカ国内での販売価格$14.00(送料・税抜き)。

Kana2019.5.5.2.12.jpg

今回初めてのThe Makeup Show NYC。特別価格で通常価格よりも安く購入できるため、皆さん、たくさん商品を買い求め、会場内は活気で溢れています。皆さん、とても楽しそう!
直接ブランドから商品についていろいろとお話ができるので美容愛好家の方にとっては楽しいイベントですよね。私も業界の方々の美容に込める熱い思いを間近に感じ、とても刺激になります。その日、帰宅後、早速教えていただいたテクニックを再現してみました。
ここ最近は娘と一緒にメイクアップアーティストの方のメイクテクニックの動画を見ています。美容・・・コスメ・・・“美”を求めて追及する・・・確かに熱中します。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。