@okj_webmagazine face book twitter
close
open








BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2019年2月4日-NY NOW(後編)

[2019.02.06]
2019年2月4日-NY NOW(前編)はこちら

Kana2.4.2.1.jpg

ヴィヴィッドなカラーのタッセルにカラフルなインコやフラワーの刺繍・・・。持っているだけでウキウキ気分になれるトロピカルムード満点のフィリピン発のブランド、ETHNIQUEのタッセルバッグ。ハンドメイドで丁寧に作られています。アメリカ国内での希望小売価格$175.00(税・送料別)


Kana2.4.2.2.jpg

以前ご紹介したブランド、Lumilyのリユースできるストローキット(過去の関連記事はこちら)。日本でも使い捨てのストローの使用を見直す所が増えてきましたよね。このキットにはストローを掃除するためのブラシがセットになっています。自然環境に配慮したこのアイテムは人気商品とのことです。アメリカ国内での希望小売価格$17.50(税・送料別)


3P1270278.JPG

"Open Road Aventurine"や"Love Connection"がアイテムの名前になっている、Brooklyn(ブルックリン)のハンドメイドブランドSpecies by the Thousandsのスピリチュアルオイル。ロール型のオイルの先端のボールには、なんとオニキスやローズクォーツなどが使われています。4種類の香りが揃っています。各オイルのアメリカ国内での希望小売価格$28.00(税・送料別)



4P1270310.JPG

その日の赤ちゃんを占う・・・ママやパパになったばかりの方たちに使ってほしいという思いを込めた、スピリチュアルに関心が高いオーナーの方のアイディアで生まれたタロットカード、BABY TAROT CARDS。ほとんどのカードがポジティブなもので可愛いBABYのイラストが印象的です。
オーナーの方にお話しを伺うと四国のお遍路に絶対挑戦したいと日本の寺院話題で盛り上がりました。アメリカ国内での希望小売価格$35.00(税・送料別)


5P1270346.JPG

ゴワゴワせず着心地がよくてデザインも素敵なKIM SCHALKのレインコートドレス。ジッパーの上げ下げをしたシルエットやアンシメトリーの裾部分のシャーリングラインが綺麗だったりとシンプルなようで拘りを感じるデザインです。胸元のダーツのシルエットがフェミニンなロング丈のドレス等も素敵でした。 Mona Van Suess Dressのアメリカ国内での希望小売価格$205.00(税・送料別)


6P1270047.JPG

そして、インテリアデザイナーでもあり、乳がんの経験者でもあるアイリス・ダンクナー(Iris Dankner)が設立したインテリアデザインのショウハウス、Holiday Houseのブースがありました。インテリアデザイナーのサポートと乳房がん研究の資金調達を目的とし、収益は乳がんの研究機関へ寄付をしているHoliday House。今回のNY NOWでもHoliday Houseの活動をサポートしています。Holiday Houseのブースでは、今回アイリス・ダンクナーがキュレーションした注目の7人のインテリアデザイナーが手掛けたベビーベッドやテーブルや家具等がブース内で展示されています。デザイナーの1人の方に自身のデザインについてとHoliday Houseの活動について詳しくお話をお伺いすることができました。私もこの活動を今回知り素晴らしい活動だと思います。7人のデザイナーの内、6人の方が女性のデザイナーでした。特にここ最近、女性の勢いを感じます。


今回も多くの素敵なアイテムを目にしました。そして同時に多くのオーナーの方やデザイナーの方にお話しをお伺いし、前向きなエネルギーを感じとても刺激を受けました。
去年7月にBaysideにお引越しをしましたが、まだ片付けが終わっていなかったりと・・・(汗)。NY NOWの素敵なブースを見て回っているうちに片付けを早くしなくては・・・と考えつつも、ここをこういう風な空間にしたいな・・・と妄想が広がりました・・・(笑)

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。