@okj_webmagazine face book twitter
close
open




BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2018年11月25日-Henri Bendel

[2018.11.29]
ここ最近のNYは、風が強く最高気温が5度くらいの日が続いています。寒いです。
NY時間の11月25日、Black Friday(ブラックフライデー)を終えた日曜日、ウキウキしながら5番街へお買い物に行ってまいりました。この時期のNYは華やかで夢があって大好きです。

Kana2018.11.25.1.jpg

Thanksgiving Day(感謝祭)を終えたアメリカ、NYはすぐにクリスマスムードに切り替わっています。クリスマスの風物詩“Holiday window”の前には多くの人たちで賑わっています。スウィーツでいっぱいのPOPで可愛い、Bergdorf Goodman(バーグドルフ・グッドマン)のHoliday window。

Kana2018.11.25.2.jpg

全館改装予定の5番街ティファニー本店のクリスマスデコレーション。2019年春に工事着工、新装オープンは2021年秋を予定しているとのことです。暫くの間、見納めとなります。

賑わう5番街を歩いて・・・本日のお目当ての場所へ到着です。

Kana2018.11.25.3.jpg

今日のお目当ては・・・茶と白のストライプでお馴染みのNY発のブランド、Henri Bendel(ヘンリベンデル)!

Kana2018.11.25.4.jpg

人気海外TVドラマ『ゴシップガール』(原題:Gossip Girl)や映画『お買いもの中毒な私!』(原題:Confessions of a Shopaholic)に登場したり、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)がJetsetter Convertibleを愛用していたりと人気のHenri Bendel。
日本未上陸のHenri Bendelですが、昔、茶と白のストライプグッズが流行しましたね。

1895年に創業、1913年に5番街のフラッグシップ店をオープンしたHenri Bendel・・・。 なんとショックなことに・・・このNY5番街がなんと閉鎖・・・。123年続いた老舗デパートが・・・2019年1月にインターネット通販サイトも含め、現在ある23店舗・・・全店舗閉鎖します・・・。

NYのお土産にも人気のHenri Bendel。今日は、1月の閉店の前に訪れなくては・・・との思いでやってまいりました。

Kana2018.11.25.5.jpg

上質な素材で高級感があり、機能的で使いやすいと評判のHenri Bendel。品揃えの多さも魅力です。
店内には、茶と白のストライプを基調にデザインされたバッグをはじめ、アパレルやポーチなど素敵なアイテムが多く揃っています。 スタッフの方に「閉店なんて信じられない。」と話しかけると「私も信じられない。すごく悲しい。」と返ってきました。

Kana2018.11.25.6.jpg

店内には茶と白のストライプのギフトボックスで作られたクリスマスツリーが飾られています。
私も記念にと思い、お世話になっている方へお土産を購入。同じように茶と白のストライプのギフトボックスに入れていただき、ピンクのリボンをかけていただきました。その配色がオシャレ。

Kana2018.11.25.7.jpg

デパートの建築も天井が高く優雅な作りです。NYCの歴史建造物に指定されています。
123年続いた老舗デパート、123年の歴史に幕を閉じます。日本でもファンが多いHenri Bendel・・・。寂しい限りです。思い出に私も茶と白のストライプのバッグを購入しました。

さらに1826年創業のLord & Taylor(ロード・アンド・テイラー)も2019年初め頃に5番街のフラッグシップ店を閉鎖すると発表しています。アメリカで最古のラグジュアリー百貨店のLord & Taylorの5番街のフラッグシップ店・・・。私も主人もショッピングを楽しんでいたので残念です。

来年から5番街の街並みも変わってくることでしょう・・・。

Henri Bendel! 素敵な思い出をありがとう!

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。