face book twitter
close
open




BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2018年10月20日-国際七五三

[2018.10.30]
まだまだ引っ越しの片づけは終わっていないのですが・・・(汗) Baysideでの新しい生活も少しずつ慣れてきました。

あと少しで早11月・・・。月日の経つのは本当に早いですね・・・。
11月といえば・・・。11月15日に7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事、“七五三”がありますね。早いもので娘も3歳。“七五三”です。

去年、有難いことに妹がとても可愛らしい“七五三”の3歳の子ども用の晴れ着をプレゼントしてくれました。私もNYにいても出来るだけ主人と娘と一緒に日本の文化や慣習に触れていたいと常々思っているのでNYで娘に晴れ着を着付けし“七五三”の参拝は出来ないものかと探したところ・・・よかった! ありました!

インターナショナル・シントウ・ファウンデーション(ISF)が2000年より日本文化を海外に紹介する活動の一環として、NYにて10月中旬ごろ(二日間)に“国際七五三”を催行しています。参加費用はお子さま一名$50。申し込み要で晴れ着のレンタルもあります($90)。
この国際七五三の参加費の一部は、世界の恵まれない子供たちのために、ユニセフ(国連児童基金)に寄付しています。
申し込みは9月中旬から開始。申し込んだ後、一度晴れ着の着付けの練習をして、当日を迎えました。一足先にNYで七五三詣の参拝です。

Kana2018.10.20.1.jpg

“国際七五三”の開催場所は、ManhattanのMidtown East(ミッドタウンイースト)Japan Society(ジャパン・ソサエティ)です。(過去の関連ブログ記事はこちら)

当日は開始時間よりも早めに到着し持参した晴れ着の着付けをします。子供たちが嬉しそうに晴れ着に袖を通しています。娘もたくさんの子供たちを目の前に大興奮。みんなと同じように晴れ着に着替えると大はしゃぎです。

Kana2018.10.20.2.jpg

会場に着席し、神戸からこの日の為においでくださった斎主、そして巫女が参進し、奉告がはじまります。祝詞を奏した後、参拝者が参拝します。

Kana2018.10.20.3.jpg

私も主人も娘の手を繋いで参拝します。
全ての式を終えるまで約50分、その間娘はみんなと一緒にお辞儀をしたり、巫女の豊栄の舞(とよさかのまい)を興味深く見ていたりと日本の素晴らしい年中行事に触れることができました。

Kana2018.10.20.4.jpg

そして式を終えた後・・・子供たちに紅白の千歳飴と表に“鶴とお花”、裏に“ニューヨーク国際七五三”と刺繍されたお守りをいただきました。
子供たちはすぐに千歳飴を堪能していました。例に漏れず娘もすぐに千歳飴を頬張っていました(笑)

七歳の“七五三”の時には、これまた有難いことに二人娘の母でもある姉が持っている7歳の子ども用の晴れ着を借りることになっています。
今回、晴れ着を着て他の子供たちと一緒に嬉しそうにする娘の姿を見て、主人と一緒にNYで“七五三”がお祝い出来て良かった、という気持ちでいっぱいです。 私も日本の文化や伝統の素晴らしさをアメリカの素晴らしい文化や伝統と共に、支えてくださる周りの方々への感謝の気持ちを込めながら娘にもっともっと伝えていきたいと思います。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。