@okj_webmagazine face book twitter
close
open




BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2018年7月26日-OK! JAPAN 10周年パーティ開催!(前編)

[2018.08.04]

Kana.72018.7.26.1.1.jpg

バタバタでした!
娘と一緒に7月のほとんどを東京で過ごしました。いや~。本当に暑かった! 今は無事にNYに戻ってきました。
あっと言う間の東京での日々・・・。バタバタで忙しい日々でしたが充実した楽しい日々を過ごすことができました!

7月・・・。そうです! 今年の7月でOK! JAPANは10周年を迎えることができました!!

ひとえに皆さま方の多大なるご支援、ご声援の賜物と深く感謝いたしております!! ありがとうございます!!

リコメンドでもご紹介しておりますが(OK! JAPAN 10周年パーティ開催!)、関係者を中心にゲスト約70名を迎え 7 月 26 日、東京ミッドタウン日比谷内のBillboard cafe & diningで10周年パーティを開催いたしました。

今回の7月の帰国の目的の1つは、このパーティを開催するためです!

パーティの開催中、Billboard cafe & diningさんのエントランスには現在14カ国で発売しているOK! FAMILYの雑誌を使ってディスプレイさせていただきました。

Kana.72018.7.26.1.2.jpg

OK! カラーはもちろん“RED"!
たくさんの“RED”カラーが鮮やかなお花をいただき、OK! FAMILYの雑誌と共にエントランスで飾らせていただきました。

そして、このパーティのドレスコードはOK! カラーの赤をどこかに装ったスマートカジュアル。ということで、パーティに出席していただいたゲストの皆さまの装いの中に鮮やかな“RED"がさらに気分を盛り上げてくれます。

Kana.72018.7.26.1.3.jpg

私の姉でもありOK! JAPANチーフプロデューサーが今回のパーティの進行を務め、挨拶の冒頭に西日本豪雨の被害に触れ、「亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族と被災された方々にお見舞いを申し上げます。」と述べ、パーティがはじまります。

Kana.72018.7.26.1.4.jpg

私も続いてスピーチをさせていただきました。私のスピーチではこの10年間を振り返り、インターネットの環境の変化、ソーシャルメディアの発展に触れ、ハリウッドスターに加えソーシャルメディアから誕生したセレブリティーへの独占インタビューなどOK! ならではのコンテンツについてお話しさせていただき、「正直に語るセレブリティーたちの言葉から、人生を歩む上での新しいヒントを得たり、勇気をもらったりと、読者の皆さまにエネルギーが漲り、次のステップへの助けとなる、そんな効果的なビタミン剤の如きメディアでありたいと思っています。」とOK! JAPANのスタッフを代表して読者の皆さまへの思いを語らせていただきました。

Kana.72018.7.26.1.5.jpg

今回、イギリスよりOK! WORLDWIDEのスタッフの方がお祝いに駆けつけてくれました(写真左から2番目)。彼女とは、今回初めてお会いするのですが、毎日メールでやり取りしているので、すぐに打ち解けました。親日家でもある彼女、お相撲好きとのことで前日は、姉と気心知れたOK! JAPANライセンシー(写真右)とみんなで両国でちゃんこ鍋を一緒に堪能しました。

今回10周年パーティのためにBillboard cafe & diningさんが特別に作ってくださったOK! カラーの赤のオリジナルカクテルで「OK!」の掛け声と共にみんなで乾杯をしました。

Kana.72018.7.26.1.6.jpg

今回のパーティは、着席スタイルのパーティで、ゲストの皆さまのお飲み物は飲み放題、そして見た目も鮮やかな美味しいワンプレートディッシュをサーブ。

飲食を楽しみながら歓談タイムです。
私と姉はOK! カクテルを片手に全てのテーブルを挨拶して回ります。
ゲストの皆さまとOK! JAPANの10年を一緒に振り返ったりと楽しい時間を過ごします。

2018年7月26日-OK! JAPAN 10周年パーティ開催!(後編)へ続く・・・。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。