face book twitter
close
open












BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2018年4月22日-Beautycon Festival NYC-Vol.2

[2018.04.25]
盛り上がるBeautycon Festival NYC。(Beautycon Festival NYC-Vol.1)

会場内には、Pink Carpetの他にMain Stageがあり、21日と22日、それぞれ決まった時間で豪華なパネリストを迎え“美”についてのトークショーが開催されています。

私がMain Stage周辺に行った時間には、Uber(ウーバー)のチーフ・ブランド・オフィサーのボゾマ・セント・ジョン(Bozoma Saint John)(写真左)がモデレータとして、女優のゼンデイヤ(Zendaya)(写真右)をパネリストに迎え、ビューティーについて語り合うFireside Chat(落ち着いた気分で楽しむ会話)が開催中でした。

Kana2018.4.24.2.0.jpg



Kana2018.4.24.2.1.jpgPhoto © Getty Images for Beautycon


Kana2018.4.24.2.2.jpgPhoto © Getty Images for Beautycon

ボゾマ・セント・ジョンとゼンデイヤの後は、モデレータにタマラ・ディア(Tamara Dhia)(写真右)、パネリストに女優のルーシー・ヘイル(Lucy Hale)(写真左)を迎え、Expectation vs. Reality(期待と現実)をテーマにトークショーが開催していました。

Kana2018.4.24.2.3.jpg

会場内を歩きブースを見て回っていると・・・ひときわ長い行列を発見!

行列をたどってみると・・・そこには、実業家、ソーシャライト、モデルにDJ、そしてビューティーアイコンでもある・・・言わずと知れたセレブリティー、パリス・ヒルトン(Paris Hilton)の姿!
21日には、Main Stageにパネリストとして登場したパリス・ヒルトン。22日には、自身のフレグランスのPRの為、ブースに登場!

Kana2018.4.24.2.4.jpgPhoto © Getty Images for Beautycon

長い間、行列に並んでいた一人一人のファン達とフレグランスの瓶を持って笑顔で一緒に撮影をしていました。
これはファンにとって嬉しい時間ですよね。ファンサービス旺盛なパリス・ヒルトンでした。

Kana2018.4.24.2.5.jpg

会場内のブランドのブースの多くは、メジャーなアメリカのコスメティックブランドでしたが、今回から韓国のコスメティックブランドが新しく加わり、美意識の高い韓国女性を魅了する韓国発のコスメティックが紹介されていました。朝鮮人蔘など韓方の原料を使用した韓国の最高級コスメティックとして日本でも知られる雪花秀(ソルファス/Sulwhasoo)を発見。こちらのブースも多くの女性で盛り上がっています。何とも言えない韓方の香り・・・好きです。韓国のコスメティックブランドの勢いを感じます。

新作アイテムが貰えたり、豪華なセットでSNS用の撮影が出来たりと、来場者を魅了させるブースの演出で至る所で行列が出来ています。

Kana2018.4.24.2.6.jpg

私も会場の雰囲気にのまれ・・・(笑)、ちょうど発色の良いピンクのグロスが欲しいと思っていたので、M・A・Cでグランド イリュージョン リキッド リップカラーのピンク トリップ(写真左)を購入しました。(通常$21のところ、イベント特別価格で$15.75で販売)
しかもショッピングした人にはもれなくレトロ マット リキッド リップカラー1本(カラーは選べない)をプレゼントという事で私もいただきました(写真右)。嬉しい!

多くのセレブリティー達も登場し、大盛り上がりのBeautycon Festival NYC。
美しさを追求する気持ちは、国境を越えます。このイベントが東京でも開催されたら・・・ビューティーファンの日本人女性もきっと喜ぶだろうな、と楽しそうに笑顔を浮かべる来場者の女性達を目にして思い、美に関心を寄せる多くの女性の姿に私も刺激を受けました!

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。