face book twitter
close
open












BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2018年4月22日-Beautycon Festival NYC-Vol.1

[2018.04.25]

Kana2018.4.24.1.0.jpg

NY時間の4月21日、22日までの期間、Jacob K. Javits Convention Centerで開催された、Beautycon Festival NYCへ、最終日の22日に行ってまいりました。 先週からビューティーイベントが続いています。(過去の関連ブログ記事はこちら)

今回初めて訪れました今年で5回目を迎えるBeautycon Festival NYCは、伝統的な美しさの基準に挑戦し、美の意味を再定義する事をミッションとしています。また、すべての年齢、人種、アイデンティティーのイノベーターを紹介することに重点を置いています。

コンテンツ制作者、セレブリティー、ファン、ブランドの様々なグローバルなコミュニティーであり、メイクアップを自己表現のツールとして使用し、世界との熱意を共有する事をお祝いする・・・約90のブランドと約150のクリエイターが集まる、ビューティーファンなら堪らないイベントです。
NYだけでなく、ロサンゼルス(Los Angeles)、ダラス(Dallas)、ロンドン(London)、ドバイ(Dubai)でも開催されています。

入場チケットの料金は、$39、$59.99、$199.99、$999.99~とオプションによって異なります。

Kana2018.4.24.1.1.jpg

会場内に入ると人・人・人。特に若い層の女性が多く目立ちます。

ヘアケア製品を取り扱うブランドのブースでは、ヘアーアーティストによるヘアケア、メイクアップ製品を取り扱うブランドのブースでは、メイクアップアーティストによるメイクアップ、ネイル製品を取り扱うブランドのブースでは、ネイルアーティストによるネイルケア・・・ほとんどが無料のサービスという事でどこのブースでも順番を待つ来場者で行列が出来ています。

そして、それだけでは終わりません!

Kana2018.4.24.1.2.jpg


Kana2018.4.24.1.3.JPG


Kana2018.4.24.1.4.JPG


Kana2018.4.24.1.5.JPG


Kana2018.4.24.1.6.JPG

どのブースでもSNS用、特にInstagram(インスタグラム)用に豪華なセットが用意してあります!

セットして貰いさらに美に磨きがかかった来場者のみなさんをさらに美しく、素敵に撮影してくれます。またこの撮影の為にも行列が出来ています。
お金がかかったブースに驚くばかりでインスタ映えする事間違えなし!
さらに多くのブースでは、商品を撮影した画像に商品名のハッシュタグ「#○○」を付けてSNSにアップすると新作のグロスやアイシャドウやTOY等が貰えるプレゼントも企画も実施していて、商品欲しさにみんなSNSをどんどんアップしています。スマホ片手に会場は盛り上がっています。

盛り上がると言えば・・・
Beautycon Festival NYCでは、Pink Carpetが用意され、多くのセレブリティー達が登場しこちらも盛り上がりました。

Kana2018.4.24.1.7.JPGPhoto © Getty Images for Beautycon

人気のメイクアップアーティストのカンディー・ジョンソン(Kandee Johnson)。

Kana2018.4.24.1.8.jpgPhoto © Getty Images for Beautycon

なんと!
元アメリカ合衆国国務長官のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)(写真中央)が。作家でもあり、世界的著名なユーチューバーでもある、タイラー・オークリー(Tyler Oakley)(写真左)とこのBeautyconの最高経営責任者のモジュ・マダラ(Moj Mahdara)と一緒に登場!

スゴイ!!
豪華なセレブリティー達の登場にさらに会場は盛り上がります。

Beautycon Festival NYC-Vol.2へ続く・・・。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。