face book twitter
close
open




BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2018年4月15日-The International Make-Up Artist Trade Show

[2018.04.16]
昨日、一昨日のNYの気温は20度を超え久しぶりに暖かい陽気を楽しんだのですが・・・本日のNYの最高気温は一気に下がり8度でした・・・。

Kana2018.4.15.1.jpg

NY時間の本日4月15日。 4月14日、15日とMidtown WestエリアのPier 94で開催されました、The International Make-Up Artist Trade Show (IMATS)に行ってまいりました。

今回、初めて訪れましたIMATSとは、メイクアップ業界に携わる出展者、愛好家が業界が提供する最高のものについて議論や展示を行う世界でも大きなメイクアップに関する見本市で、ファッションや映画業界に携わるメイクアップのプロがIMATSでメイクアップについての教育やデモンストレーションを行い、またトレンドアイテムや新製品をチェック出来る場でもあります。
アカデミーメイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人メイクアップアーティスト、辻一弘さんが受賞した事も記憶に新しいですよね。特殊メイクを含めたメイクアップは、日本でもさらに注目を集める分野だと思います。

IMATSは、NY以外でもAtlanta(アトランタ)、Vancouver(バンクーバー)、Toronto(トロント)、London(ロンドン)、Los Angeles(ロサンゼルス)の都市で開催されています。

Kana2018.4.15.2.jpg

IMATSの会場に入ると年齢層の若い女性達でいっぱいです。

Kana2018.4.15.3.jpg

このIMATSは、メイクアップ全般の見本市で、一般的なメイクアップの他に特殊メイクについての教育やデモンストレーションも行い、特殊メイク用のアイテムもチェックする事が出来ます。

Kana2018.4.15.4.jpg

会場のブースのほとんどがブラシや色数豊富なグリッター、メイクアップ道具を販売しているブースです。フェイスペイント用の道具や特殊メイク用のシリコンなども販売しています。

Kana2018.4.15.5.jpg

会場内の4か所には、ステージが設置され、世界的にも有名なドラマや映画などのメイクアップを担当したメイクアップアーティストやメイクアップに関する賞の受賞メイクアップアーティストなど、メイクアップ業界の第一線で活躍するメイクアップアーティストによる教育やデモンストレーションが行われています。

Kana2018.4.15.6.jpg


Kana2018.4.15.7.jpg


Kana2018.4.15.8.jpg

メイクアップ製品を販売しているブースの中には、その販売している製品を使ってデモンストレーションが行われ、来場者の方々が動画撮影をしたりとその様子を真剣に見つめています。
フェイスペイントやボディペイントの他にシリコン製の特殊素材を使ってメイクを仕上げていったりと細かな作業が続いています。
特殊メイクに使用されるシリコンを触りましたが、固くゴワゴワしているのかな・・・と思っていましたが、想像以上の滑らかさで驚きました。

Kana2018.4.15.9.jpg

会場内には、ドラマや映画で使用されたシリコン製の特殊マスクや特殊スーツや写真などが展示されている“Make-Up Museum”がありました。どの作品も迫力がありました。

Kana2018.4.15.10.jpg

間近で特殊メイクをしている過程を目にしましたが本当に細かい作業ばかりで、メイクアップアーティストの方も真剣そのもの。メイクアップアーティストの方もモデルの方も長い時間身動き出来ないので大変だと思いますが、とても楽しそうでした。 来場者の方々も真剣にデモンストレーションから学び、真剣な表情でメイクアップアイテムを購入していました。

会場に集まった全ての人達の表情や行動から“この仕事、この業界が好き”と言う思いがはっきりと伝わりました。そして、夢に満ち溢れていました。

“自分の好きな事、やりたい事に一生懸命”
輝く人達を目にして、改めてこの原点の大切さを認識する事が出来ました。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。