face book twitter
close
open




BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2018年3月31日-Brooklyn Flea

[2018.04.04]
NYは昨日雪が降り積もりました・・・。4月に入ったのに雪・・・、と思っていたのですが明日の最高気温は17度との事でアップダウンが激しいです。

kana2018.3.31.1_6.jpg

NY時間の3月31日、主人と娘と一緒に週末だけ開催している、ブルックリンのフリーマーケット“Brooklyn Flea”に行ってまいりました。
開催場所は、ブルックリンのSunset Park(サンセットパーク)にあります、Industry City(インダストリー・シティ)です。ちなみにIndustry Cityのオーナーは、Manhattanの観光でも人気のある、Chelsea Market (チェルシーマーケット)と同じJamestown Propertiesです。
この“Brooklyn Flea”は、家具、ヴィンテージウェア、コレクターグッズ、アンティーク等を数多く取り揃えたフリーマーケットで定評があり、4月~10月までの期間の日曜日には、ブルックリンのDumbo (ダンボ) でも開催されます。

kana2018.3.31.2_1.jpg

今回の“Brooklyn Flea”は、Industry Cityのビルディング#1で開催されたのですが、Industry Cityは、8つのビルディングで構成され、その中には、NYで一番古いチョコレート屋さんで有名なLilac Chocolate(ライラックチョコレート)のファクトリーがあったり、“Japanese Village”という名の日本食のフードコートがこれからオープン予定だったりとジワジワ盛り上がっています。

kana2018.3.31.3_2.jpg

そして、“Brooklyn Flea”の会場へ。小綺麗なフリーマーケットの印象です。

kana2018.3.31.4_0.jpg

フリーマーケットを訪れたのは久しぶりです。サンフランシスコに住んでいた時によくHaight Street (ヘイトストリート)のヴィンテージショップへ行っていた事を思い出します。

kana2018.3.31.5_0.jpg

もし、ヴィンテージで個性的なお花柄のマキシ丈ワンピースがあれば欲しい、と思ったのですが今回は見つかりませんでした。

kana2018.3.31.6_0.jpg

今回は特に購入したものはなく、会場を後に。 Industry Cityのビルディング#2は、アイスクリームやハンバーガーやラーメンが味わえるFood Hallになっているので、そこで食事をする事に。ピッザが大好きな娘と一緒に出来立てのピッザを頂きました。(10インチ、直径約25cmのマルゲリータピッザ:$10)

フリーマーケットで思わぬ掘り出し物を見つけた時は嬉しいですよね。
久しぶりにフリーマーケット。今回は掘り出し物はありませんでしたが、あの独特の会場の雰囲気が楽しめたので嬉しかったです。
“Japanese Village”も気になるので暖かくなったらまた遊びに来たいと思います。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。