face book twitter
close
open




BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2018年2月26日-NY Women's & Children's

[2018.03.07]

Kana2018.2.26.1.jpg

NY時間の2月26日。2月26日〜28日までの期間、Jacob K. Javits Convention Centerで開催されました、UBM Americasが主催する、世界規模のアパレル見本市、“Coterie”の Autumn / Winter 2018を中心に、スポーツウェアやライフスタイル等のカジュアルラインが揃う“STITCH @ COTERIE”、アメリカ国内最大級の靴ブランドが集まる“SOLE COMMERCE”、トレンドでいっぱいの“FAME”、 洗練されたエレガントがコンセプトの“MODA”、新生児から12歳までの子供服、ファッションアクセサリー、靴、等あらゆるカテゴリーが揃う“CHILDREN'S CLUB”と6つのユニークなショーで構成されたエレガントなファッションショーケース、NY Women's & Children'sに行ってまいりました。(過去の関連ブログ記事はこちら)

Kana2018.2.26.2.jpg

Coterieの中には、新興デザイナーや最新の現代的なラインをテーマにした"TMRW"、ラグジュアリー&コンテンポラリーをテーマにした"EDIT"、上質なシューズが揃う“Footwear@COTERIE”、コスメティックに特化した“BEAUTY@COTERIE”と分かれ、女性の衣服、アクセサリー、シューズ等、アメリカ国内外のあらゆるカテゴリーのブランドが揃います。

ブースを見て回り、素敵なアイテムを発見。個人的に素敵〜とテンションが上がった・・・アイテムをご紹介したいと思います。ご参考までに・・・。

Kana2018.2.26.3.jpg

"TMRW"で発見。個性と才能で溢れる韓国発のアパレルブランド、Lie SangBong(イ・サンボン)のカジュアルラインのLIE
ユニークなカッティングと独創的なデザインにフリル等のフェミニン要素をプラスしています。個性とエレガントが絶妙に調和しています。


Kana2018.2.26.4.jpg

お花柄が大好きな私・・・"EDIT"で見つけました。シースルー素材にカラフルで繊細な沢山のお花の刺繍のドレス・・・私好みのドレスが揃う、VONE
繊細で上品な見事な世界観。シースルーと絶妙なカッティングで上品なセクシーさを演出し、デザインと色彩に拘ったお花の刺繍でさらに女性らしく華やかな印象に。セレブリティーからも注目されています。


Kana2018.2.26.5.jpg

“CHILDREN'S CLUB”エリアを歩いていた際、あまりの可愛さで目が釘付けになりました。ストーリーを感じるカラフルで楽しいサンディエゴ発の子供服ブランド、Fiveloaves Twofish
少し大きくなったら娘に着かせたいな・・・なんて、メキシコの死者の日(Day of the Dead)からインスパイアされデザインされたドレスを見て思いました。


Kana2018.2.26.6.jpg

主催者は違いますが、NY Women's & Children's と同じJacob K. Javits Convention Center内で開催されていた、女性の水着とランジェリーに特化した見本市、CURVE NEW YORKにも行ってまいりました。

そこで発見した、マタニティーの水着とランジェリーを取り扱うフランスのブランド、Cache Cœur
ストレッチ素材を使い、妊娠約5ヶ月から妊娠後期までの間、着用できるとの事です。妊娠中の体を考慮して着心地良く作られ、女性らしいデザインが揃っています。

お花柄は、テンションが上がるな~なんて考えながらブースを見て回りました。
ブースで思わず立ち止まるアイテムの多くが上質でオリジナリティー溢れる製品。デザイナーの方やスタッフの方からお話を伺うとその熱意に打たれます。
ファッション・・・。女性たちが思い思いに好きなファッションを楽しむ。その姿は、やはりキラキラしていて良いですね。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。