face book twitter
close
open




BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2017年11月4日-PLAY FAIR

[2017.11.07]
気が付けば、もう11月!
NYも気温が下がり寒いです。そして、風邪が流行っています。

Kana2017.11.4.1.JPG


NY時間の11月4日。4日、5日とJacob K. Javits Convention Centerで開催されました、PLAY FAIRに行ってまいりました。
今回、初めて訪れたPLAY FAIR。10代の子供達を中心にあらゆる年齢の子供達とそのご家族が一緒にTOYメーカーの定番のTOY、そして最新のTOYで遊ぶ事が出来るTOYのイベントです。
2016年に初めて開催されたPLAY FAIR。昨年の来場者は約2万人。今年はさらにスケールアップし出展ブースも増えました。
大手TOYメーカーを中心にTOYメーカーがブースを設け、新作のTOYを紹介しながらそのTOYで子供達は遊ぶ事が出来ます。
チケットは、10am-2pm、3pm-7pmと時間で区切られ$30~で販売されています。

子供達が夢中になって遊ぶPLAY FAIRの会場の様子をお届けいたします。

Kana2017.11.4.2.JPG

世界中で知られているブロックのおもちゃ、LEGOのブースでは、LEGOプールが出現。その中で遊ぶ子供達の姿。夢中になってブロックとブロックをつなげています。

Kana2017.11.4.3.JPG

FDNY(ニューヨーク市消防局)のブースもありました。本物の消防車の中に子供達が入る事が出来ます。プロモーションの為に作られたプラスチックで作られた赤い消防ヘルメットが無料で子供達に配られ、みんな被って喜んでいました。私も1つ娘にいただきました。

Kana2017.11.4.4.JPG

maddie rae's SLIME GLUEのブースでは、大量のスライムを使って作られたプールの中で子供達がはしゃいでいます。見るだけでヌルヌルした感じが伝わってきます(笑)。

Kana2017.11.4.5.JPG

新作のTOYで遊ぶ子供達に感想を聞いたりと動画配信用の撮影も行われていました。インタビューされた子供達も遊び方について真剣に答えています。

Kana2017.11.4.6.JPG

私が好きなナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のプロアイスホッケーチーム、ニューヨーク・レンジャース(New York Rangers)のブースを発見!
4歳から加入できるレンジャースのジュニア・メンバーを募集していました。人気ゴールテンダー、ヘンリク・ルンクウィスト(Henrik Lundqvist)の人型ボードと一緒に撮影が出来るフォトセッションコーナーも設置されていました。
これからホッケーシーズン。楽しみです。

Kana2017.11.4.7.JPG

電池で稼働するベビードール、Luvabella の滑らかな口の動きに驚きました。
来場した女の子に大人気。小さい子には、ちょっと重いかな、との印象ですがみんな一生懸命、ミルクを飲ませたり抱っこしたり、寝かせたりとお世話に励んでいました。
娘も小さなベビードールを“ねんね”と言って寝かせたりとお世話をしています。女の子がその子よりも小さな子のお世話をする姿って本当に可愛い。ちょっと癒されます・・・(笑)

スケジュール上、少しの時間だけの滞在でしたが、どのブースも子供達をはじめ、ご家族の方が足を止め、賑わっている印象を全体的に受けました。

会場内のブースのほとんどが大きな展示物を用意し、子供達の関心を引く工夫をしていました。人気キャラクター達や今日の記念の撮影が楽しめるフォトセッションコーナーもあちこち設置されていました。
子供達がおもいっきり遊べるスペースも会場内には多く、時間ギリギリまで遊ぶ子供達の姿を目にしました。

これからクリスマス・シーズンと、子供達がおもちゃをもらえるチャンスが増える時期・・・。子供達だけでなく大人もプレゼントを買ったり、もらったり・・・。
メーカーやブランドのプロ―モーション活動がヒートアップするシーズン到来です。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。