face book twitter
close
open


BLOG
AMERIKANA Journal

前の記事
次の記事

2017年8月20日-NY NOW

[2017.08.23]
まだまだNYも暑い日が続いております。日差しも強いです。

Kana2017.8.20NY NOW1.JPGNY NOW 会場の受付の様子。


Jacob K. Javits Centerで現在開催中(NY時間8月19日〜23日まで)の日本からも多くの企業が出展し、約50州、約94ヶ国から人々が来場する北米最大規模のホーム・ライフスタイル・ギフト商品の総合見本市 "NY NOW" に19日と20日の2日間行ってまいりました。 (過去の関連ブログ記事はこちら)

Kana2017.8.20NY NOW2.JPG広い会場内にはディスプレイに工夫を凝らしたブースがたくさん並んでいます。


これまで“NY NOW”と言うタイトルのブログ記事を6本更新しております、お馴染みのNY NOW。

年に2回、2月と8月に開催し出展社数約2,400、約10万人以上の製品が出展され、バイヤーやブティックオーナーなどの小売業者の方々約24,000名が来場するNY NOW。出展するブースの67%がこのNY NOWで新製品を発売するため、バイヤーをはじめとした来場者にとって最新の製品やトレンドを見つけ出すチャンスとなる見本市で、来場者の82%がイベントに参加する必要があると答えています。

会場内は、ブースの人達に加え、多くの来場者の人達で賑わっています。
日本で購入出来るものと出来ないものがございますが、今回のNY NOWで見つけた個人的に気になった・・・素敵なプロダクトをご紹介したいと思います。ご参考までに・・・。


Kana2017.8.20NY NOW3.JPGLumilyのブランド創設者の方が身に着けているビーズネックレスに一目惚れ。お話をお伺いしました。


ブースを見て歩いていると・・・“Day of the Dead”(死者の日)の髑髏がモチーフのビーズネックレスが目に飛び込んできました! このLumilyのデザインに一目惚れです。
Lumilyは、グアテマラをはじめ3か国で150人以上の職人とパートナーシップを結び、現在800以上の製品を取り扱う、アクセサリーブランドです。“Fair Trade”の原則に準拠して、学校の授業料、書籍、医療手続き、住宅手当て、食糧勘定などの資金を提供するために、利益の一部を拠出しています。ビースのアクセサリーの他にバッグやシューズも展開しています。


Kana2017.8.20NY NOW4.JPGキュートなご夫婦のブランド、IMPWEAR home。


会場内をあちこちと歩いていたら・・・。男性達のエプロン姿の写真を発見!
デザイナーでもある奥様とメカニカル・エンジニアでもあるご主人様のシアトル発のブランド、IMPWEAR homeは、エコフレンドリーなコートコットン生地を使用したエプロンやバッグなどを販売しています。コーティングされた綿の生地は、耐久性に優れ、小さく折りたためます。
ご主人様のエプロン姿に、「お料理を作ってくれるハズバンドで私はラッキー!」と奥様。本当です(笑)。とてもキュートなご夫婦のブランドです。


Kana2017.8.20NY NOW5.JPGバーモント州発のジュエリーブランド、NEST PRETTY THINGS。


カラフルで可愛いデザインのバーモント州発のジュエリーブランド、NEST PRETTY THINGS
ご夫婦で立ち上げたブランドと言う事で、色の組み合わせなどPOPでキュートなジュエリーのデザインは、奥様がご担当。ご主人様は、営業担当。
自然豊かなバーモント州で作られたハンドメイドのジュエリーは、どことなく柔らかな印象でお花柄のワンピースに合いそう。ネックレスは、何重にも重ね付けするのがオススメです。


Kana2017.8.20NY NOW6.JPG“ボタニカル”なパッケージが素敵なPrim Botanicals。


フィリピンで育ち、現在はニューヨークに本拠を置くフィリピン生まれのライフスタイルのブランド、Prim Botanicals。“ボタニカル”と言う言葉に弱い私・・・。気になってブースの中へ、ブランド創設者の方からお話をお伺いしました。先日、日本旅行から帰ったばかりとの事でとても素晴らしい旅行だったと喜んでいらっしゃいました。嬉しいですね。
製品の多くは、ハワイアン・ブラック・ラヴァ・ソルト、活性炭、フィリピン・バラコ・コーヒーなど出来る限りトロピカルな植物の成分を使用して作られています。DETOX BODY SCRUBは、ストレッチマークの出現を減らす効果が期待できるとの事です。SWELL PERFUME OILはとても香りが豊かでした。


Kana2017.8.20NY NOW7.JPGNorthern Lights Candlesのワックスを溶かして香りを楽しむWax Melts。


NY NOWの会場内では、数多くのキャンドルを販売しているメーカーのブースを数多く目にしアメリカのキャンドルの市場の大きさを実感します。
キャンドルの形から色から香りから容器のデザインまでと本当に種類豊富です。その中で見つけました、Northern Lights CandlesのWax Melts。固めたワックスをスコップですくい、キャンドルで溶かして香りを楽しみます。シナモン、クランベリー、パンプキンパイ、ラベンダーバニラなど香りも13種類と豊富で自分の好きなように組み合わせして香りを楽しむ事が出来ます。


Kana2017.8.20NY NOW8.JPGインドの文化や美しさに恋して誕生したアクセサリー・テキスタイル・ブランド、Monsoon and Beyondの色鮮やかなクラッチ・バッグ。


Monsoon and Beyondは、ブランド創設者兼デザイナーの方がオーストラリアからインドへ渡り、インドの文化や美しさに恋して誕生したブランドです。
インド全土の職人の方々とコラボレーションをし、伝統的なインドの手工芸技術を生かした繊細で美しいデザインが特徴的なクラッチ・バッグをはじめ、クッション・カバーやストールなどを販売しています。インパクトのあるユニークなデザインのクラッチ・バック。パーティーシーンがさらに盛り上がりそうですね。

Kana2017.8.20NY NOW9.JPGカラフルでキャッチーなアクリル素材のジュエリーが目を引くMoon and Lola 。


ノースカロライナ州発のキュートなジュエリーブランド、Moon and Lola
ファッションもキュートなブランド創設者兼デザイナーの方からお話をお伺いしました。透明なアクリル素材の中にカラフルなスノーフレークを閉じ込めたジュエリーや、“OK”や“Happy”のレタリングのネームプレートネックレスなど、とにかく見ているだけで楽しくなるようなカラフルでユニークなハンドメイドのジュエリーです。アニマルやアイスクリームなどのアイコンやメッセージのプレートなど様々な種類のチャームを販売し自分でカスタマイズも出来ます。


Kana2017.8.20NY NOW10.JPG環境に配慮しハンドメイドで作れられるMINKARAの繊細なジュエリー。今回のNY NOWのBest New Product Awardの候補に選ばれたオーストラリアン・オパールのリング(写真左)。


世界の自然と文化をインスピレーションの源とし、リサイクルされた金属の使用などジュエリー製作のプロセスの際には、環境への影響を最小限に抑え、ハンドメイドで作られるMINKARAのジュエリー。
リーフや木の枝など自然がモチーフのジュエリーやアメジストやオーストラリアン・オパールなどのストーンを組み合わせたジュエリーは、シンプルなので、重ね付けをしてオシャレを楽しむ事が出来ます。オーストラリアン・オパールのリングが今回のNY NOWのBest New Product Awardの候補として選ばれています。


Kana2017.8.20NY NOW11.JPGアメジストなどの鉱物が入っている見た目にも美しいGEM WATERのガラス製の容器。


スピリチュアル・ヒーリングにプラスしてお水の味をまろやかにする、神秘的で美しいダイヤモンドやアメジストやローズクォーツなどの鉱物を中に入れた美しいガラスの容器が並べられたGEM WATERのブース。
そのスピリチュアルな美しさと興味深さでブースに関心が寄せられていました。
ジュエリーデザイナーでもあり宝石愛好家でもあるオーナーの方が宝石が水を活性化する事を知り、情熱と共に誕生したGEM WATER。お水の他に、ワインをより飲みやすくまろやかにするとされるアメジストのボヘミアングラス製で作られた宝石用バイアルも販売しています。
宝石に興味がある私・・・。オーナーの方からお話をお伺いし、さらに宝石への興味が湧きました。


Kana2017.8.20NY NOW12.JPG高級レザー製品ブランドWOLFのBLOSSOMシリーズのジュエリーボックスとケース。


ジュエリーが大好きな私・・・。収納の為に素敵なジュエリーボックスはないかな・・・と最近探していたのですが、会場内で発見!
創業183年 UK発Wolf Designs社の高級レザー製品ブランドのWOLFのジュエリーボックス! 指輪にピアスにネックレスに腕時計と多くのジュエリーが収納できます。ボックスの大きさもトラベル用のポーチから43個のジュエリーコンパートメントに4個のウォッチコンパートメント・・・とかなり大きなボックスまで揃います。しかも典型的な保管条件下では、35年までの変色を防ぐ事が出来るとの事です。ボックスもデザインも上品で素敵なものばかりです。
今年の6月中旬より日本国内で本格展開スタートとなりタイムリーなアイテムです。

Kana2017.8.20NY NOW13.JPG広い会場ですがどこも多くの来場者の人達で賑わっています。


今回のNY NOWでは、会場内のレイアウトをこれまでと変え、より多くのブースがより多くのバイヤーの方々と交流できるように工夫していました。

今回も品質やデザイン性や機能性と素敵な製品を多く目にしました。ブースでブランドのお話をお伺いした際、ご夫婦や姉妹やお母様と娘さんと、ご家族で経営をされているケースが多かった事が印象的でした。

訪れた2日間、多くの日本人の方々をはじめ、ブランドのデザイナーの方々、オーナーの方々から面白いお話をたくさん聞かせていただき、とても刺激を受けました。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。