face book twitter
close
open


BLOG
AMRIKANA Journal

前の記事
次の記事

2017年4月6日-Haiku

[2017.04.07]

kana2017.4.6.1.jpg

夕方6時半からソーホーエリアでパフォーマンス・イベントが開かれ、ご招待をいただき行ってまいりました。

kana2017.4.6.2.jpg

会場内で"FREE HAIKU"と書かれたタイプライターを発見・・・。

kana2017.4.6.3.jpg

無料で"HAIKU"を作っていただきました。私のトピックは”Family”です。

kana2017.4.6.4.jpg

For Kana- we are together supporting eachother through the ties that bond us ・・・心温まる詩です。タイプライターから打ち出されたインクのかすれなどアナログな演出がさらに気分を盛り上げてくれます。

NY時間の4月6日。大雨の一日となりましたが、夕方6時半からSoho(ソーホー)エリアでパフォーマンス・イベントが開かれ、ご招待をいただき行ってまいりました。今月で1歳半になった娘は主人と一緒にお留守番です。

今回訪れたパフォーマンス・イベントは、自然と人の結びつきをテーマにした詩の朗読や、木の根っこのジュースを試飲出来たりと地球にやさしい、Earthyなイベントです。
イベント会場内で"FREE HAIKU"と書かれたタイプライターを発見・・・。タイプライターを見たのは10年ぶりくらいです・・・。頭に浮かんだ俳句"をデスクの上のタイプライターを使って文字を打ち込んでいます・・・。

"五-七-五"で私達にとって馴染み深い俳句"ですが、こちらでも"HAIKU"として社会に浸透しています。感受性を高める為などを目的に世界で一番短い詩の形式として小学校などで学んでいるとの事です。驚きですよね。英語版の"HAIKU"では、日本と形式は変わらず五-七-五の音節に分けて17音節で表現しています。私達の文化が様々な人達に様々な形に変化しながらも浸透しています。素晴らしい事です。

俳句の創造性に惹かれて結成、イベントなどに引っ張りだこのHaiku Guys & Galsのチームの方に無料で"HAIKU"を作っていただきました。トピックを聞かれ私は"Family"とリクエスト・・・。スタッフの方はすぐに指で音節を数えたりと"HAIKU"をタイプライターを使って表現していきます。そして完成! For Kana- と書かれたレターには・・・。
we are together
supporting eachother through
the ties that bond us
との文字が打ち込まれています。心温まる詩です。まさに"家族"、トピック通りです。タイプライターから打ち出されたインクのかすれなどアナログな演出がさらに気分を盛り上げてくれます。言葉を贈って貰うって素敵ですね。嬉しいギフトです。この"HAIKU"の言い回しは素敵なので絆を感じる人へ感謝の気持ちを伝える際に一文添えるのもいいかもしれません。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。