face book twitter
close
open




BLOG
AMRIKANA Journal

前の記事
次の記事

2017年1月28日-The New York Times Travel Show

[2017.02.02]

Kana2017.1.28.1.jpg

旅行見本市、The New York Times Travel Showに行ってまいりました。

Kana2017.1.28.2.jpg

矢印が指定の所を指せば豪華賞品が当たるルーレットなどのイベントが会場内のあちこちで行われています。

Kana2017.1.28.3.jpg

日本のパビリオンも盛り上がっていました。多くの人が日本を訪れ素敵な時間を日本で過ごして頂けたら嬉しいですね。

Kana2017.1.28.4.jpg

ヨーロッパのパビリオンで来場者の方がVRゴーグルを装着しバーチャル旅行体験をしている様子。

Kana2017.1.28.5.jpg

フード・レシピを披露するライブ・キッチン・コーナーの様子。

Kana2017.1.28.6.jpg

会場内は、伝統舞踊を披露したりとイベントが盛り沢山です。

NYの今日の日中の気温は8度。昨日は雪が降りました。

NY時間の1月28日。1月27日〜29日までの期間、Jacob K. Javits Centerで開催されました、The New York Times Travel Showに行ってまいりました。
アフリカ、アジア、オーストラリア、カナダ、カリブ海など16のパビリオンに分かれ、約150カ国の国々と世界中から集まった旅行代理店をはじめ旅行や観光に関わる業界の500以上のブースが会場に並び、29,000人以上の来場者で賑わうイベント。今回、初めて訪れる旅行見本市です。
1ayチケット $20、2dayチケット $25の料金で旅行や観光の業界関係者の方以外の一般の消費者の方も入場する事が出来ます。(18歳未満のお子様の入場料は無料です。)そのためか会場はより多くの人で賑わっています。

会場内は、南国風の楽曲が生演奏されリゾート気分が楽しめます。
The Bahamas(バハマ)などNYから気軽に行く事が出来るリゾート地をはじめ、様々なエリアのブースが並んでいます。(過去の関連ブログ記事はこちら)
国をPRするパビリオンの他、アドベンチャー、クルーズ、ファミリーバケーション、ラグジュアリーなどタイプ別に分かれたパビリオンもあります。

多くのブースでは、矢印が指定の所を指せば豪華賞品が当たるルーレットや豪華宿泊の旅が当たるLotteryなどのイベントが開催され、楽しそうに参加する来場者の方の行列をあちこちで目にします。このワクワク感、いいですね。このゲーム企画、多くの消費者の方々が来場する目的の1つなのかもしれません。

ゆっくり会場のブースを見ながら歩いて行くと日本のパビリオンを発見。オリンピック、パラリンピックを控え盛り上がりを見せる東京をはじめ、横浜、京都、奈良、金沢など数多くの日本の情緒ある街並みのポスターが飾られています。日本の景色を見るとほっとします。
日本のパビリオンでは、スタンプを集め抽選権を得た後、お馴染みの抽選機のガラガラを使って賞品が当たる抽選会が行われていました。こちらも長い行列ができ盛り上がっていました。

韓国とヨーロッパのパビリオンでは、VRゴーグルを装着しバーチャル旅行体験を楽しむ事が出来ます。面白い試みですね。こちらも体験したいという来場者の方々が並んでいました。

ブースでの展示の他、旅行業界の専門家の方がサービス、行き先情報、トレンドなどをトークするセミナーや、様々な国のフード・レシピを披露するライブ・キッチンや、カリビアン・ダンスなどその国の伝統舞踊を披露するイベントなど、様々なイベントが会場内のあちこちで行われています。

個人的にNYから車で3時間くらいで行ける範囲で面白い所はないかな、と探していました。ニューヨーク州も広いので行ったことがない所ばかり。ニューヨーク州の観光を紹介するブースでは、気軽に行けるオススメの観光スポットをご案内していただきました。主人と一緒に娘をいろいろな所に連れて行ってあげたいなと思います。

ゲームやイベントが盛り沢山で盛り上がるThe New York Times Travel Show。来場者の方とブースの方が楽しそうにおしゃべりしていました。
やはり旅行っていいですね。私は旅行が大好きなのでブースを見て回り楽しい時間を過ごす事が出来ました。多くの方が日本を訪れ素敵な時間を日本で過ごして頂けたら嬉しいですね。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。