face book twitter
close
open

BLOG
AMRIKANA Journal

前の記事
次の記事

2016年9月19日-Coterie

[2016.09.22]

kana2016.9.19.1.jpg

9月18日から20日までの期間、Jacob K. Javits Convention Centerで世界規模のアパレル見本市、Coterieが開催されました。

kana2016.9.19.2.jpg

19日の1:30PMから約1時間、HUDSON JEANSのブースで無料のUnfiltered Liveが開催されました。

kana2016.9.19.3.jpg

ブースの中では生演奏、ブースの外では、アーティストによるライブ・ペインティングが同時に行われていました。

kana2016.9.19.4.jpg

演奏中、ブースの周りにもたくさんの人たち。

kana2016.9.19.5.jpg

リード・ボーカルにマシュー・サントスを迎えたMONAKRの演奏。

kana2016.9.19.6.jpg

盛り上がるトニー賞を受賞したデイビード・ディグスのパフォーマンス。

ファッション・イベントが連日続いておりました。盛り上がるNY。NYって本当にイベントが多いと感じます。

お馴染みのJacob K. Javits Convention CenterでUBM Americasが主催する、世界規模のアパレル見本市、Coterieが今回は9月18日から20日まで開催されました。
私は、主人が終日娘をみてくれることが出来る日曜日の18日と、予定外でしたが18日だけではお仕事が終わらず、少しの間だけ娘をストローラーに乗せて19日も来場し今回2回Coterieを訪れました。(過去の関連ブログ記事はこちら)

Coterieの他に子供服の見本市やシューズの見本市、価格帯が高めのアパレル見本市、イブニング・ドレスの見本市などが一緒に開催。全ての見本市は、UBM Americasによって運営されています。運営会社が1つとなり、会場内で飲食出来るカフェのスペースが1つになったり、会場内を出入り出来るパスが1つに統合されたりと会場内が合理的になった印象を受けます。

これまでと同様に出展ブースもたくさん。新作ラインやトレンド・アイテムなど目を引くアイテムばかりで、ブースを見て回るのが楽しい! 私の好きなイベントでもあります。

今回、新しい試みもあり、今までブースのスペースではなかった、レベル2のRegistration付近に大きなブースが登場しています。この大きなブースは、2002年に創立されたLA発のデニム・ブランド、HUDSON JEANSのブース。人気があるデニム・ブランドですよね。

そして、このHUDSON JEANSで19日、1:30PMから無料のUnfiltered Liveが開催されました。ゲストは、2015年のブロードウエイ・ミュージカル、Hamilton(ハミルトン)に出演し2016年のTony Award(トニー賞)を受賞した俳優でラッパーのデイビード・ディグス(Daveed Diggs)とリード・ボーカルにマシュー・サントス(Matthew Santos)を迎えた、音楽グループのMONAKR。

ブース周辺では、スタッフの方がイベントの告知をしています。ブースの中はすでに満杯です。開催時間が迫るにつれてブースの周りにも人が続々と集まってきます。このHUDSON JEANSのブースは、Registrationの横に設置されている為、見本市を目的に来場した人の他、入場の登録なしに、Jacob K. Javits Convention Centerに来た人なら誰でも無料でライブ鑑賞できます。
私は、ちょうどライブ開始前にブースの付近を娘の乗るストローラーを押しながら歩いていました。
そして、ライブの始まり。私と娘は、混み合うブース周辺を避け、遠目でライブを少し鑑賞。歓声と共にゲストが登場し圧巻のパフォーマンスを披露。かなり盛り上がっていました。

見本市も毎回工夫を凝らし盛り上げます。オシャレな演出ばかりです。そのエンターティメント性の高さに驚くばかりです!
娘の乗るストローラーにたくさんの荷物・・・。移動距離も長くかなり体力を消耗しましたが・・・。ファッションはやっぱり楽しい! ブースに立ち寄り素敵なアイテムをたくさん目にし娘と一緒に楽しく過ごしました。

KANA BLOGGER PROFILE

  • KANA
  • 12月1日生まれの射手座
    東京都浅草出身
    ニューヨークと東京を行き来する生活を送る、OK! JAPAN編集長。
    アメリカ人の夫とNYで生まれた娘と3人暮らし。
    2006年にサンフランシスコから帰国後、2009年にスタートした「OK! JAPAN」の編集長を務め、
    2013年の「OK! JAPAN 改訂版」 からは編集、ブログを担当。
    そして、2017年の「OK! JAPAN リニューアル」から再び編集長を務めます。
    NYでの暮らしで学んだ経験をはじめ、NYが発信するファッション、ジュエリー、ビューティー、
    エンターテイメントの最新情報から子育て事情まで多岐にわたり、リアルなNYのライフスタイルをお届けいたします。